スピッツの「魚」という曲が好きだ。

初めて聴いたのは、アニメ「ハチミツとクローバー」。
5人が水上バスに乗って葛西臨海公園へ向かう、あのどうしようもなく切ないシーンで流れる曲だ。

お昼休みを使って、羽海野チカ原画展最終日へ。
高校に入った頃に連載が始まって、大学を卒業する頃に終了した、まさにハチクロ世代なわたしなのだけれど、
おそらくわたしと同世代であろう男女でいっぱいだった。

以前から、暖かそうな格好をした5人が 並んで記念写真風におさまっているイラスト(コレ)がすごく好きで、
そのイラストを描く工程の展示で、メモ書きで「ずるいところがない, うそがない」と記されていたのが印象的だった。

年の瀬に乗る水上バスはものすごく寒くて、
そこから5人が見ていたのは きっとこの歌のように鉛色に輝く海だったに違いない。

COMMENT